私の好きなドラマについて語りますよ

やっぱりね個人的に、ここ数年で一番好きなドラマは「逃げるは恥だが役に立つ」ですよね。
まずは配役が素晴らしいですよ。
新垣結衣さんはひたすら可愛いし、星野源さんもひたすら愛らしいですよ。
星野源さんの役の平匡さんって、高学歴の恋愛未経験って設定なのですが、これって役者さんがイケメン過ぎずても不自然だし、かといって凄い野暮ったい人だと何か違うし、そのちょうどいいのが星野源さんなんですよね。
星野源さんってカッコいいけどカッコよすぎず、ちょっと童顔な顔立ちなので初心さもあって、平匡さんにぴったりなんですよね。
新垣結衣さんも凄くいいですよね。何と言いますか、自分を前面に押し付ける感じはないけど存在感と透明感があって、空気を読むというか凄く間をとるのが上手で凄く新垣結衣さんの演技って好きです。
そして、なによりこのストーリーがいいんですよね。
原作の漫画も読みましたが、このドラマっていろんな立場の人が登場するんですよね。
昔よりは自由な時代になりましたが、人生の理想像っていうのがあるじゃないですか。
いい学校に行って、いい会社に入ってしっかり働いてそのうち結婚して子供を産み育てるのがいいんだという理想ですね。
でもこのドラマに出てくるのは現代を象徴するような人たちで、非正規社員だったり高学歴だけど恋愛をしなかった人や、子どものいない独身の女性や、同性愛の人だったりです。少なからず、理想の生き方というものの圧を感じて息苦しさっていうのを感じやすい立場なんですね。
でも、このドラマはどの立場の人も否定していなくて、幸せのバリエーションも沢山あるんだから大丈夫だよ、どんな生き方でもいいんだよって言っているように私は感じるんですよね。
本当に好きなドラマの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です